• ホーム
  • 個別型学習教室のポイント

個別型学習教室のポイント

全席指定個別型

日建学院公認スクールの個別教室は、全席パソコン設置の個別型の映像講座で、自分で通学したい日時を決めて学習を進めるスタイルです。自分の必要時間だけを確保して集中学習ができます。

全席指定個別型
  1. 自分のライフスタイルに合わせて通学したい日時を決めることが可能です!
  2. 繰り返し学習が可能なため、苦手分野を克服する徹底的な学習も可能です。
  3. 自宅では中々難しい「勉強するための学習環境」を個別型教室で整えました。あなたの夢を全力でサポートします。

自由選択カリキュラム

集合型講義では不可能なこともオンデマンド方式の個別型映像講義だから可能なシステム。

お仕事が不規則だったり、この期間はシッカリ学習したいなど、それぞれの進め方に合わせたカリキュラムを自由に組むことができます。

ご自分の苦手分野を繰り返し学習することで確実なスキルアップが望めます。また、講義内容を自分の学習レベル・ペースに合わせて選択し、視聴することも可能です。

クオリティと学習効果の高い「映像講義」

精鋭講師陣が英知を結集してつくる映像講義は、長年にわたって蓄積されてきた試験攻略のノウハウやポイントが詰まった、「合格のための講義」です。

映像講義

各分野のトップ講師が集結し、全受講生に最高レベルの講義を!

日建学院の講義の最大の特長は、教室の前に講師が立つのではなく、映像による講義で授業が進行することです。

講義はすべてスタジオで収録。しかも科目ごとではなく、分野レベルまで細分化し、各分野のトップレベルの講師が講義を担当します。最高の講師がベストの環境で制作した映像だから、あらゆる受講生に最高の講義を提供できるのです。

視覚と聴覚に訴求し人間の脳に訴えるから、記憶と理解が格段に高まる

精鋭講師によるポイントを押さえた解説はもちろん、映像講義にはCGやアニメーション、実写映像、グラフなどが効果的に盛り込まれています。最新の映像技術を駆使し、複雑で難易度の高い内容が理解しやすいようにさまざまな工夫が凝らされているのです。その学習効果は科学的にも実証されています。

合格に直結する「オリジナルテキスト」

試験を熟知した経験豊富なスタッフと、一流講師陣が出題傾向を徹底分析して作成しています。

日建学院の母体である(株)建築資料研究社は、建築に関する情報を業界へ提供し続けている建築出版のパイオニア。日建学院のテキストは、そのノウハウをもとに常に最新情報を取り入れながら制作されています。

また見やすさや使いやすさといった点にも配慮を施しており、必要な知識を効率よく学ぶための工夫が満載されたテキストとなっています。

パイオニアとスペシャリストによるコラボレーション

パイオニアとスペシャリストによるコラボレーション

常に業界の先端に位置し、建築関連の最新情報を送り続けてきた(株)建築資料研究社。発行した専門出版物の数は、ゆうに600種類を超え、そこには膨大なノウハウが蓄積されています。日建学院のテキストはそのノウハウを基盤として常に最新の情報を取り入れながら制作されています。

制作スタッフは、国土交通省指定の法定講習(監理技術者講習)のテキスト制作も行っているスペシャリスト。パイオニアのノウハウとスペシャリストの知恵。その力を結集して作られているのが、日建学院のオリジナルテキストなのです。

精鋭のスタッフが作り上げる実戦対応型テキスト

精鋭のスタッフが作り上げる実戦対応型テキスト

制作スタッフが講師陣とともに目指すのは、変化する試験傾向に即した実戦対応型のテキスト。30年に及ぶ試験データの蓄積と緻密な傾向分析が、学習時のみならず実務でも活用できるテキスト作りを実現しています。

また学習でキーポイントとなるのが過去問題への対処。過去問題は丸暗記するだけでなく、類似問題や応用問題に発展させて学習することが大切です。日建学院では、過去問題と周辺知識を関連付けて学習を進めることで、応用力の養成を目指します。

優れた教材を用いた総合的な学習は、研鑚を積んだ経験豊かなスタッフだからこそ成しえることなのです。

最新の内容を理解しやすい誌面構成で

最新の内容を理解しやすい誌面構成で

どんなに内容が充実していても表現方法が適切でなければ、テキストとしての真価を発揮することはできません。日建学院では難しい内容を理解しやすくするため、「見やすさ」と「使いやすさ」に熟慮して誌面を構成しています。まさに使う側の視点に立ったこだわりのテキストなのです。

(学科受験テキスト例)

  1. 過去10年における出題年度・番号を表示。出題回数が多いものは、特に重要
  2. 1,000点以上のイラストや図・表・写真などを使ってわかりやすい表現で解説
  3. 現場施工写真を挿入してあり、実際の工事の様子がわかりやすい
  4. イラストと工事写真とがリンクして、より分かりやすくなり、また、建築用語の解説も多数掲載

※教材写真は過年度のものです。

最新の情報を網羅した万全アイテム

日建学院のテキストは、改定された法令や各種基準に対応して、毎年新しい内容に刷新しています。最新の法改正の情報に加え、変化する試験傾向についても綿密に検討し、テキストへと反映しています。最新の情報を網羅したテキストは、合格を手に入れるための万全アイテム。最強のツールとなってくれることでしょう。

講義質疑応答対応

わからない点は放置せず、質問対応システムをフル活用して早めに解決することが合格への近道です。

日建学院では毎年多くの受講生が学んでいるので、受験生が疑問を抱き易いところを心得ています。映像講義では、そのようなところを重点的に解説しますが、講義や自宅学習、テキストやテストなどで疑問や不明点を感じたら、質問対応システムをフル活用しましょう。通学受講生は質問券を利用してFAXで対応。

また、質疑応答Webシステムを設置。問題集についている“講義検索コード”=ズバリ番号を入力するだけで回答枝までしっかり解説した映像講義がすぐに動画で視聴できる他、本部より専任講師が各種機能を使い理解へと導きます。

講義によっては質問対応のパーソナルアドバイザーを設置しております。質問対応パーソナルアドバイザーがいない等の場合も、質問券を事務局に提出すれば、後日分かりやすく回答いたします。
学習内容がわからない点は放置せず、早めに解決することが合格への近道です。

受講管理システムと万全のサポート体制

受講及び成績管理システムでご自身の受講した講義の確認、一部の講座に関しては付随するテストの成績管理も行えるため、習熟度の確認や復習する際の便利なシステムとしてご活用頂けます。受講生の不安を解消するための様々なサポート体制でバックアップ。合格へのレールをともに歩みます。

コンピュータクリニック

コンピュータクリニック

各テストや模擬試験などの結果をコンピュータで瞬時に採点・集計し、個人別に詳細な分析を行います。平均点・偏差値・順位を診断した個人分析表を作成して、個々の成績を管理。受講生は自分の実力を詳しく把握することで、本試験に向けての自己管理がしっかりできます。また、自分の苦手分野を認識し、弱点科目を効率よく克服できるなど、計画的な学習にも役立ちます。

ライブサポート

ライブサポート

質疑専門のパーソナルアドバイザーが受講生の質問に回答します。質疑だけでなく日頃の学習方法や、悩み事などのメンタル面のフォローも。

聴講サポート

聴講サポート

出張などにより、自分の通学校で受講できない場合など、事前の予約で全国の日建学院の教室で同じ講義を聴講できます。

ライセンスアドバイザー

ライセンスアドバイザー

受験生一人ひとりの担当者です。入学直後から本試験まで、受講生と二人三脚で様々なサポートをします。

欠席フォローシステム

欠席フォローシステム

仕事などの都合や諸事情で講義を欠席しても、定められた回数まで欠席分の講義を個別学習ルームで受講できます(予約制)。

合格実績

日建学院は、長年にわたる教育事業を通じて、独自のノウハウを蓄積してきました。そのノウハウをもとに、わかりやすく学習効果の高い講義を提供し、
受講者に合わせた個別のスケジュールで学習をサポートしています。日建学院は、これからも業界の人材育成に貢献し、新しい夢に向かう情熱を応援します。

合格実績

最新の合格実績の詳細はこちらから